幼稚園児のムダ毛処理法

幼稚園児もムダ毛処理!

小学生低学年でムダ毛に悩んでいる子がいることには驚きましたが、なんと更に年齢の低い幼稚園児ですらムダ毛を気にする時代になっているようです。

 

ムダ毛を気にするようになってしまったきっかけは、小学生知恵学年の場合と同じことが多いようですね。やはりきっかけは、クラスの友達に指摘されること!「毛があるね」ぐらいならまだよいのですが、幼稚園児や小学生低学年だと遠慮せず失礼なことを言っている場合も多いですからね・・・

 

やはり、からかわれちゃうんですよね。一度からかわれるとやはり今まで全く気にしていなかったムダ毛のことを、一気に気にするようになってしまいます。これはもうしょうがないですよね。

 

こうなってしまったら、いくら親が「気にするな」と言ったところで解決する問題ではありませんからねぇ。

 

では、幼稚園児のムダ毛処理はどんな方法が良いのか?

 

代表的な処理法としてはやはり剃ることですよね。剃る場合には電動シェーバーを使用したりカミソリを使用することになると思います。ここで心配する人が多いのが「剃ると毛が太くなる、濃くなるのでは?」っということ。

 

ズバリ!剃ると毛が濃くなるとか太くなるということはありません!これは迷信です。

 

なぜかこれは言われ続けていますよね。成長期にはムダ毛も太く濃くなろうと成長しています、その時期と剃っている時期が重なっていることは一般的に多いので、「剃ったから毛が濃くなったんだ、太くなったんだ」と認識してしまうから。

 

幼稚園児のムダ毛処理にカミソリは勿論使用できます!ただ、気を付けておきたい点があります。それが剃るときは必ず専用のクリーム、フォームやボディーソープ等を使用すること!入浴中に肌が温まった状態で処理することをおすすめします。また、ワセリンを塗って処理するのも◎重要なのは肌へのダメージを最小限に抑えることですからね。

 

剃る際に注意しておきたいのが絶対に逆剃りしてはいけないということ!逆剃りは肌には大ダメージです!目には見えなくてもかなりのダメージを受けてしまいますからね。

 

幼稚園児の場合には特に注意しておきたい点ですね。以上の様な点を守ればカミソリで処理するのはなんら問題ありません。ただし、剃るだけの処理法ではムダ毛は弱くなったり薄くなったりすることは絶対にありません。

 

ムダ毛を弱く、細く、目立たないようにする事を意識するならやはり抑毛は欠かせません。子供のムダ毛処理にお母さんから人気の抑毛ジェルがあります。

 

 

 

即効性があるものではないので、継続的に使用する必要がありますが、ツルピカ成分がたっぷりと含まれているのでムダ毛に対しても、お肌のケア用品としても評価が高いので、幼稚園児の敏感肌にも安心ですね。

 

 

page top