小学生ムダ毛処理法

小学生もムダ毛を薄くしたい!

小学生低学年でもムダ毛を気にする時代です!小学生低学年でムダ毛が目立っているということは成長するにつれて更にムダ毛は濃くなる可能性が高いです。

 

身長が伸びたり、体の発育とともにムダ毛も1本1本太くなり、密度が高くなります。この点は個人差がありますが・・・。しかし、小学生であろうと本人がムダ毛を気にしている以上処理の仕方は知っておいた方が良いですよね。

 

良く言われている、「剃るとムダ毛は濃くなる!」これは間違いです!剃ると毛が太くなるなんてことはありません。剃ると濃くなると言われているのは都市伝説であって、でたらめなのです。でも、信じている人はまだ多いようですね。

 

「実際剃っていたら濃くなった!」そう言う人もいるかもしれませんが、実際には成長期の段階で体の成長するのと同様に毛も成長します。太く濃くなろうと毛もするわけです。

 

ちょうど成長期の時に剃って処理する人が多く、その間も毛は成長しているのでだんだんと濃くなるのは自然なことなのです。成長期に1回剃ったぐらいじゃわかりませんが、3ヵ月、6か月、1年と長期間剃って処理していると、その間も毛は成長しているのでだんだんと濃くなっているのも自然なことですね。剃ったから毛が濃くなったのではありません。

 

剃るから濃くなるという現象は絶対にない!この点は医師も断言していたので間違いないはずです。剃ると毛の断面が大きくなり、皮膚から見えた時にいつもよりも太く見えるだけです。

 

しかし、カミソリでムダ毛の処理をしているのは肌にとっては大きなダメージです。その後の肌のケアをきちんとすること!そして、剃っているだけではムダ毛は絶対に薄くなりません!

 

抑毛対策をしっかりと行ってあげることが小学生のムダ毛処理には重要です。剃った後にどのように肌をケアしてあげるかが後々のムダ毛に大きな影響を与えますからね。小学生低学年だけでなく、高学年、中学生、高校生と女性は誰でもムダ毛がきになりますよね。

 

ムダ毛で悩んでいる子供を持つお母さんからの支持率が高い、ムダ毛ケアグッズがあります。

 

敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!

 

これはムダ毛を目立たなくする方法です。剃ることとは全く違います。

 

抑毛ローションは数多くありますが、小学生低学年の敏感肌でも安心して使用できる天然植物成分主体のジェルはこれだけ。カミソリなのでムダ毛処理をした後にはこのジェルでしっかりとケアしてあげることが重要です。

 

 

page top